ローン・借り入れ・資金 高齢者向けの融資

私が住むマンションでは建替え事業の話が進んでいます。無償では現在住んでいる住宅の広さを確保できないようです。70歳夫婦二人暮らしですが、現状よりやや広い住宅を確保しようと望んでおり、その場合、約500万円は追加負担をしなければならないようです。貯金だけでは不足してますし、また貯金の大半を崩すのは将来的に不安です。収入は年金だけですが、高齢の私に融資してもらえ、返済しやすいローンはありますでしょうか?

高齢者の中には、ご質問の方のように、年金収入のみ等の事情により、元金と利息を毎月返済する通常の住宅ローンでは返済困難な方もおられると思います。住宅金融支援機構では、マンション建替え等で一定の要件に適合する事業において、借入申込時に60歳以上の方が住宅を取得される場合、生存中の毎月の返済額は利息のみ(元金は死亡時一括返済)とする融資制度「高齢者向け返済特例制度」を提供しております。融資額は、1,000万円を上限とし、物件の担保査定に基づく保証限度額が頭打ちとなります。当該融資では毎月の返済額は利息のみのため、比較的、返済が容易になり、返済負担率(年間返済額/年収)の基準をクリアしやすくなります。借入申込み前に、ご利用にあたっての注意点などはカウンセリングという手続きにおいて確認できますし、事業が当該融資の要件に適合するようであれば、当該融資のご利用もご検討されたらいかがでしょうか。

関連キーワード: , , , ,