タグアーカイブ: 建替え決議

団地管理組合無しでの建替え推進決議は有効なのでしょうか?
区分所有法で規定されているのは、建替え決議のみであって建替え推進決議は特に規定されていません。あくまで区分所有者の意向調査のようなものですので、決議の有効性を問う必要はないでしょう。

建替えの事業方式

円滑化法を使って建替え決議を実現する場合に、個人施行で行うべきでしょうか、組合施行で行うべきでしょうか?

暴走する執行部にどう対抗すれば良いですか?
そのような乱暴な建替えは、まず間違いなく合意形成がうまく行かずに失敗に終わります。いたずらに対立して、それまで培ってきたコミュニティを崩壊させてしまうのではなく、正しい知識を身に付け、協力体制を整えましょう。

建替え時の住戸選定はいつ行うのですか?
建替え決議が成立し、催告についての法定期間が経過し、「建替え参加者」が確定した後になります。

住居探しは 自分で探す場合とデベロッパーが一緒に探してくれる場合とがあります。 建替え決議が成立し、円滑化法を利用するマンション建替えにおいては、公営住宅を行政が支援してくれる場合もありますので、管理組合が事前に相談する […]

建替え決議では、ただ単に建替えることに対しての決議を取るのではなく、以下の4つの事項を定めた特定の議案について決議します。 どのような設計のマンションを建てるか? (再建建物の設計の概要) 建替えにはどの程度の費用がかか […]