タグアーカイブ: 売却

親子で共有しているマンションを売却したら税金は?
売却すると、お母さんは居住用の3,000万控除が使えます。結果的に譲渡益が3,000万以内なら税金はかかりません。

共有者で異なる選択は可能ですか?
「共有者全員が別々に住戸を選定できる」という住戸選定のルールを設定することで可能となります。

円滑化法による建替えの場合には、権利返還を受けない旨(転出)の申し出をして、権利変換期日に補償金を取得すると、譲渡益2,000万までは譲渡税が14%に軽減されます。それを超える金額については、通常の20%(長期譲渡)とな […]

円滑化法によるマンション建替えであれば、建替え決議の成立後、約1年程度の後に権利変換が認可されます。その時点で売却し転出される方は補償金(売却資金)を受け取ることになります。

不動産を売却した場合に、利益を得た場合には、譲渡所得税・住民税が発生します。 売却による利益は、売却した金額からマンションの原価と売却に要した費用を差し引くことで求めます。差額があれば、その差額が「譲渡益」となります。 […]

不動産の売却に際して、売却した不動産が「居住用」であった場合には、3,000万円控除等の特例を利用することができます。こうしたことから、実際には住んでいなくても、住民票のみ売却不動産においておき、「居住用不動産の売却」を […]