耐震基準とはどのようなものですか?基準に合っていれば壊れないということですか?

耐震基準とはどのようなものですか?基準に合っていれば壊れないということですか?

建築基準法では、昭和46年(1971年)と昭和56年(1981年)の過去2回、耐震性についての基準に関し、大規模な改正が行われています。昭和46年の改正は、昭和43年の十勝沖地震の被害を踏まえ、鉄筋コンクリート造の建物の柱の帯筋の基準を強化したものでした。昭和56年6月1日の改正では、昭和53年の宮城県沖地震の被害を踏まえ、一次設計(許容応力度計算)、二次設計(保有水平耐力計算)という概念が導入されました。この改正による建物の耐震性に関する基準が、いわゆる新耐震基準と呼ばれるもので、この改正以前の基準は、旧耐震基準と呼ばれています。

旧耐震基準では、各階床荷重に一律に地震標準層せん断力係数0.2を乗じて地震荷重を算定していましたが、現行の新耐震基準では、建物の高さが高くなると地震荷重も大きくなる地震荷重分布を採用するようになっています。 また、建物が建つ地域ごとの荷重低減係数や、建物が有する固有周期と地盤の関係から、地震荷重を低減する建物振動特性係数も基準として盛込まれました。また、バランスの悪い建物は地震の力を受けると変にねじれてこわれることがあるため、新耐震基準では、ねじれが起こらないように建物のバランスをとって設計するという配慮もとられています。

新耐震基準では、よく起こる強さの地震に対しては建物の被害は軽くてすむことを目標にしています。しかし、建物の寿命の内に一度起こるかどうかという強さの地震に対しては、建物にある程度の被害がでてもいいが、建物の中もしくは周辺にいる人に被害がでないようにすることを目標にしています。そのためには、建物が倒れたりしないようにしておくことが必要になります。つまり新耐震基準の目標は、地震によって建物がこわれないようにすることではなく、「建物を使う人の安全を確保する」ことと言えます。

ご質問について答えれば、新耐震基準では、東海地震クラスの地震に対しても、建物の倒壊等で人命等が損なわれることがないことを目標に定められていますが、新耐震基準の建物であれば、倒壊する確率は低いという意味であって、絶対に倒壊しないという意味ではありません。新耐震基準で設計した建物でも、施工不良の場合や、たまたま、その建物に新耐震基準で想定している以上の地震力が働いた場合には、倒壊する確率はゼロではありません。逆に、旧耐震基準の建物でも、倒壊する確率が新耐震基準の建物よりも高いというだけで、必ず、倒壊するわけではありません。

平成7年の阪神淡路大震災においては、建築物の被害は、旧耐震基準の建物、中でも、1971年以前に建てられた建物に集中しており(大破、倒壊又は崩壊が約35%)、新耐震基準の建物では、大破、倒壊又は崩壊に至った建物は10%未満にとどまっています。
こうしたことから、新耐震基準以前の建物については、耐震診断を受け、必要な耐震補強を行うことが望ましいと考えられます。

関連キーワード: , , , ,