暴走する執行部にどう対抗すれば良いですか?

郊外の団地型マンションです。建替え検討委員会の方が『高齢者やお金の無い人を追い出してでも建替えをする』と明言しているのですが、そんな建替えには反対です。何とか対抗したいのですが、どうすれば良いのでしょうか?

暴走する執行部にどう対抗すれば良いですか?

何もしなくても、そのような乱暴な建替えは、まず間違いなく合意形成がうまく行かずに失敗に終わるでしょう。

マンションの建替え問題とは、区分所有者の高齢化問題と密接に関連しています。高齢者、あるいは資金的に余裕のない区分所有者を無視するような建替えは、完全に間違っています。

現実的には、区分所有者の多くが高齢化していくなかで、そのような乱暴な建替えは、建替え決議に必要な4/5の賛成を得ることはできないでしょう。むしろ、マンション再生に詳しくない専門家に検討を依頼することで、修繕積立金等の貴重な資源が減っただけという結果に終わるかもしれません。

とはいえ、建替え検討委員会や理事会、一部の区分所有者が暴走して、このような状況になることは少なくありません。大抵の場合は、間違った情報に翻弄されているだけだったり、正しい知識が不足しているだけだったりするのですが、いたずらに対立して、それまで培ってきたコミュニティを崩壊させてしまうことも問題です。

まずは、勉強会やセミナーに参加するなどして、マンション再生に関する正しい知識を身につけて下さい。

本NPO法人も度々依頼を受けて出張セミナーを開催していますが、そういった外部の専門家を招き、勉強会を開催するのは比較的実現しやすく効果も大きいのではないでしょうか。

関連キーワード: , , ,