建替え期間中の賃貸住宅を借りる期間はどれくらいになりますか?

建替えの計画によりますが、例えば円滑化法を利用した建替えの場合、建替え決議の成立、建替組合の認可、住戸の選定、権利返還計画の作成という順番で進んでいきます。この権利返還計画の作成前後に引越しをして、仮住居生活が始まります。

その後、権利返還の認可、既存建物解体工事の着工、再建建物の工事期間を経て、竣工引渡し後に再建建物へ戻ります(二回目の引越し)。

仮住居の期間については、建替えの工事期間がどれくらいになるか等の建替え計画によります。目安として、再建建物が10階建てであれば、工事期間が16ヶ月程度になりますので、余裕を見て20ヶ月程度の仮住居生活と推測されます。

関連キーワード: , ,