仮住居はどうやって探すのですか? 誰か手伝ってくれたりデベロッパーが探してくれるのですか?

仮住居はどうやって探すのですか? 誰か手伝ってくれたりデベロッパーが探してくれるのですか?

仮住居の探し方はいろいろあります。

(1)自分で民間の業者に出向き探す方法

(2)デベロッパーの子会社や関連会社の賃貸部門で紹介してもらう方法

(3)都営、私営等の公営住宅を紹介してもらう方法
(円滑化法を使った建替えに都や市が協力してくれる住宅です)
(建替えの時期などによって紹介してもらえる物件は異なりますし必ずしも紹介してくれるとは限りません)
(都営、私営等の住宅は、所得制限などありますので条件が合うか事前に担当者に確認しましょう)
(応募が多数の場合は、抽選になる場合があります)

(4)民間住宅の場合
ご高齢の方の場合は、借りれる条件が厳しい場合もありますので 住民対応の専門家に手伝ってもらう(物件のピックアップや見学など)方がいいでしょう。その場合建替え組合や参加組合員(デベロッパー)が借主になり高齢者に転貸借するという方法をとってもらった方が無難ですね。

(5)ご高齢の方は、仮住居期間息子さんや娘さんの住宅で過ごす方も少なくありません。
荷物は 仮住居期間中トランクルームへ預けて身の回りの必要なものだけを子供さんの家に持ち込むのです。ここで気をつけておきたいのは 上げ膳据え膳にならないことです。せっかく一人で、もしくは老夫婦で自分たちの力で生活をしてきて健康を維持してきたのに 人に手伝ってもらうことが普通になってしまうと 一気に頭も体も衰えてしまいますよ。

関連キーワード: , , ,