建替えをする場合には、円滑化法に基づいた建替えをする必要がありますか?

「マンションの建替えの円滑化等に関する法律」(以下、円滑化法)は、区分所有法の建替え決議後の建替えの進め方について取り決めた法律です。具体的には、事業主体に「組合施行方式」と「個人施行方式」の2通りを挙げて、「権利変換」によるマンションの建替えを目指した法律です。

円滑化法を利用するメリットは大きいので、現状では多くの建替えが円滑化法に基づいた建替えを行っています。しかし、必ずしも円滑化法を用いない、例えば等価交換方式による建替えをすることも可能です。ケース・バイ・ケースで最適な事業手法を選んでいくのが良いでしょう。

関連キーワード: , , , , , , ,