計画段階

計画段階の目的は、建替え計画を策定し、その計画を前提としたマンション建替えを実際に実施することへの合意(建替え決議の成立)を得ることです。

計画段階の流れ

計画段階の流れ

最終的な合意を得るために

建替え実施の合意を得るためには、区分所有者の資産あるいは生活環境としてのマンションが、どのように生まれ変わるのかを建替え決議の前に明確に定めておく必要があります(建替え計画の策定)。加えて、その建替え計画が建替え決議後に計画通り実施されることの保証がなければ、建替えを実施することへの最終的な合意は得られません。そこで十分な議論の上に様々な意見・要望が反映された、実現可能な建替え計画が策定されることや、建替え計画が計画通り実現することを保証する存在としてデベロッパー等の事業協力者の協力・参加が重要になります。この事業協力者の参加に先だって、信頼のおける事業協力者の選定や建替え計画の策定を支援するコンサルタント等の専門家の協力が必要になります。

専門家や事業協力者と協力・信頼関係を構築できるか否か

コンサルタント等の専門家やデベロッパー等の事業協力者は、マンション建替え事業の重要なパートナーです。したがって、これらのパートナーの選定にあたっては、経済的な条件のみで評価するのではなく、協力・信頼関係が構築できるかどうかという視点が非常に重要です。また、選定にあたっては、計画組織や理事会が責任をもって行い、区分所有者の集会にてその承認を得るという流れが適切です。事業協力者の選定等を集会における多数決投票で決めてしまうと、後に区分所有者間の対立関係を招きかねないので注意が必要です。

  • お気軽にご相談ください。

  • マンション再生なび事務局

    〒175-0082
    東京都板橋区高島平8-5-6
    Office805ビル 3階